外壁塗装で快適なリフォームを行なう~テキパキ快適改善方法~

住宅

家を保護して長持ちさせる

塗装作業

耐久性に差が出る

外壁は酸性雨や台風などの影響を受けると年々劣化して、塗装が剥げたりひび割れてきます。そうなると家自体がもろくなり、寿命を縮めてしまいます。家を長持ちさせるために、外壁をリフォームしておくと良いそうです。リフォームは見た目を良くするだけではありません。紫外線など、外気のダメージをカットして家を保護してくれます。外壁リフォームをする時は、業者選びが大切です。見積もり時に、すべて同じ塗料が使用されているかをチェックしておくようにします。屋根と外壁が別々の塗料だと、耐久性にばらつきが出てしまうこともあるそうです。塗料のランクを確認しておくことも重要です。安いものは手頃な価格が魅力ですが、耐久性が短くなります。高価なものほど機能に優れていて、耐久性も長くなるそうです。

エコロジーな塗料

外壁をリフォームをすると、家全体が新しくなり一新します。まわりにも良い印象を与えるそうです。最近は、次々に新しい塗料が開発されています。環境に配慮したエコロジーな塗料もあるそうです。このタイプは価格は高額ですが、美しいカラーが長持ちします。リフォーム時、塗装が3度塗りをしているか、必ず確認しておくようにします。まず塗料のノリを良くするために下塗りがおこなわれます。その後中塗りし、最後に上塗りをして仕上げます。こうすることで、塗料本来のカラーや効果を発揮できるそうです。下地処理がきちんとおこなわれているかも重要です。ひび割れや壁が割れているところを修復するか、チェックしておくようにします。下地処理ができていないと、後々耐久性に影響が出ることもあります。